FC2ブログ

富山発金沢方面ゆき鈍行列車

富山とその周辺で見つけた、乗り物の話を書いていきます。

三井アウトレットパーク北陸小矢部と周辺交通の渋滞

15719o1.jpg

7月16日にオープンした三井アウトレットパーク北陸小矢部。
三井不動産が手がけ、北陸では初の本格アウトレットパークをうたっている。
設置場所は小矢部市内であるが、重大な問題がある。
それは北陸の交通の要所である8号線沿いに設置され、かつその周辺道路がいまだ片側1車線整備であることだ。
このため激しい混雑が開業前から予想されていたが、ろくな対策がおこなわれることなく開業日を迎え、案の定激しい渋滞が発生した。
もっぱら交通監視員が走り回っているが、いまさら調査したところで新規予算の獲得にしかならない。
小矢部アウトレットとでも検索すればすぐに「渋滞」が検索候補に出ることからも、困っている人が多いことがわかる。
県境である天田峠が付近に控えるため、多くの自動車は県境を越えるため小矢部を通過する必要があり、これが混雑に拍車を掛けている。
また東方向には高岡へ通ずる国道8号線、高岡・射水に直通する県道9号線、砺波・福光に通ずる国道471号線が延びており、これらが交錯する町でもある。


15719o2.jpg

渋滞の根源はもちろんアウトレットパークである。
そこを中心に渋滞がどのように広がっているかを調査した。
まず東側であるが、もっとも渋滞がひどいのは国道8号線である。
写真のように渋滞が伸び、その列は高岡市内に入ってもまだ続いている。
471号線の砺波方向や9号線、福岡ICに抜けるバイパスはそこまで混雑していなかった。
これまで8号線の迂回路として機能してきた県道32号線は確認していない。
旧8号線である県道42号線、471号線はやや混雑していた。
8号線での混雑を避けて、迂回してきた車が多いためであろう。
また石動駅前や本町信号といった旧8号線沿いの道からアウトレットパークへ行くような誘導もおこなわれたため、それらも渋滞の原因となったことだろう。
8号線西側においては源平トンネル内にまで渋滞がおよび、途中471号線とのジャンクションで逃れる車も多かった。
これを想定してか安楽寺(西)交差点では右折車がかなり多かった。
もし安楽寺(西)交差点すら渋滞で埋まるようなら、天田峠越えを敢行する外渋滞から逃れるすべはない。

峠と言う存在が近いため、富山-金沢で小矢部地域を通過する場合、この渋滞から逃れることは不可能なようだ。
どうしても渋滞から逃れるなら、かなり遠回りを覚悟する必要がある。
さまざまな地域からシャトルバスが出ているが、バスまで渋滞に巻き込まれる始末である。
最大の欠点はモール前の2車線区間が短く、通過車両までが捕らえられてしまうことにある。
いずれ飽きて人が減るまで、この混雑はどうにもならないのだろうか。

撮影日 2015年07月19日(すべて)
スポンサーサイト



  1. 2015/07/19(日) 23:55:33|
  2. 道・橋・隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大川寺駅駅ノート | ホーム | 若桜鉄道ED30-1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toyamahatsu.blog.fc2.com/tb.php/936-a12f743d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)