FC2ブログ

富山発金沢方面ゆき鈍行列車

富山とその周辺で見つけた、乗り物の話を書いていきます。

第一幸洋丸

1575fune.jpg

伏木の旧県二号引込み線横の岸壁は、今も使用されている。
今は倉庫もなく、近年クレーンすら解体されて、もはや何もない岸壁である。
この場所、海保の船は来ないが、浚渫船などがたまにやってくる。
このところやってきているのは「第一幸洋丸」である。
KOYOの巨大なクレーンがまず目に付く。
装着されているのはバケットなので、浚渫にでも使うのだろうか。
しかし浚渫なら土運船も一緒にいるはずだ。
所有は高橋秋和建設となっていて、本社は秋田の会社であるようだ。
しかし随伴している小型船の第二十五幸洋丸(写真左)は宮崎市となっている。
公式ページを見るとなぜかこの船の記述はない。
SKK-400126DT-K。

撮影日 2015年07月05日
スポンサーサイト



  1. 2015/07/07(火) 23:51:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<枕木の丸い鉄釘 | ホーム | 旧8号線刈安の進入禁止看板>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toyamahatsu.blog.fc2.com/tb.php/924-eb0d82bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)