FC2ブログ

富山発金沢方面ゆき鈍行列車

富山とその周辺で見つけた、乗り物の話を書いていきます。

東滑川駅の列車進行方向表示機

20131208higasinamerikawakeihouki.jpg

東滑川駅の構内踏切に存在する列車進行方向表示機。
富山県内の北陸本線で唯一旅客用構内踏切が存在するのがこの東滑川駅である。
列車進行方向表示機は東京幡ヶ谷の三工社製。
製造は昭和47年3月である。
東滑川駅の旅客営業開始は昭和39年であるため、当初は警報がなかったのだろうか。
開業時はまだ貨物が存在していたはずだが付け替えたのだろうか。
踏切警報機はさらに後の時代の物で、進行方向表示機だけ存在することはないのでそちらは付け替えたのだろう。
構内踏切というだけあり、警報機、遮断棒、進行方向表示機すべてが存在する。
設置された場所は1番下り線の駅舎側である。
貨物輸送があったころは3線であったため、これが設置されたころすでに側線は使用されていなかったことがうかがえる。
かつてこの駅では富山中部高校の学生が跳ねられる事件があったため、跨線橋設置の話もあったが、いまだに構内踏切のままだ。
ちなみに富山中部は富山、高岡と並ぶ県内御三家の頂点である。
とはいえ、越中宮崎のように跨線橋があるにもかかわらず近道をして跳ねられることもあるので、結局はモラル頼みというところであろうか。

撮影日 2013年12月08日
スポンサーサイト



  1. 2013/12/10(火) 23:48:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<高岡駅工事中 | ホーム | 北陸本線上市川橋りょう>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toyamahatsu.blog.fc2.com/tb.php/461-6f5de4db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)