FC2ブログ

富山発金沢方面ゆき鈍行列車

富山とその周辺で見つけた、乗り物の話を書いていきます。

D51 日本海の旅

d51k.jpg

来歴不明のキーホルダーが部屋にある。
昔はもう少し鎖がついていたと思うがどこかへ消えてしまった。
D-51日本海の旅と書かれたキーホルダーで、表面には驀進するD51、裏には日本海沿線の駅名が書かれている。
駅は青森から敦賀まで。
日本海縦貫線がそのままになっている。
この区間全てを同じD51で走破することはおそらくなかったと思うがどういうことなのだろうか。
表面のD51には番号がついているが削れているためか三桁であることしかわからない。
見た目はごく標準的だ。


d51k (2)

裏面には駅名が彫り込まれている。
青森、五所川原、弘前、大鰐、大館、鷹ノ巣、東能代、男鹿、秋田、酒田、鶴岡、温海温泉、新潟、新津、長岡、柏崎、直江津、糸魚川、富山、高岡、金沢、加賀温泉、福井、敦賀である。
一見日本海縦貫線だが、五所川原は五能線の駅で、男鹿は男鹿線の駅である。
ルートとしては青森から五能線に一度入って五所川原で折り返し、奥羽線を南下。
東能代と秋田の間に男鹿があるので追分で一度男鹿線に入る。
あとは羽越線、白新線、信越線、北陸線を通ったのだろう。
こういうルートということは何かの記念列車の物なのか、あるいは適当に作ったSLブーム便乗の土産物か。
温海温泉駅があつみ温泉駅に改称されたのが1977年、大鰐駅が大鰐温泉駅に改称されたのが1991年。
それに対して加賀温泉駅が作美駅から改称されたのが1970年なので、このキーホルダが製作されたのは1970年から1977年の間であろう。
SLブーム真っ盛りである。
やはりそういうときの物なのだろうか。
スポンサーサイト



  1. 2013/12/04(水) 23:46:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ジャパニーズビューティー北陸キャンペーン始まる | ホーム | 金沢駅7番ホーム日本海1号乗車位置>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toyamahatsu.blog.fc2.com/tb.php/455-7c4e3d1c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)