FC2ブログ

富山発金沢方面ゆき鈍行列車

富山とその周辺で見つけた、乗り物の話を書いていきます。

線路中央の柵棒

190818bou.jpg

撮り鉄が抜くことで知られる鉄道柵。
複線区間の中央にあるそれは、主に保全員のためにある。
北陸でも10年ほど前まではこれが無い区間で写真を撮るのが好まれたが、今ではほとんどこれがついている。
正直写真を撮るには邪魔なのだがそこは仕方ない。
写真はごく標準的な柵の一コマ。
黄色に塗られており、黒いテープでゼブラにされている。
古いものは黄色が剥げ落ちて錆びてきている。
上には銀色の蓋らしいものがあるので、反射板か何かがついているのだろうか。
根元を見るとステンかアルミが道床に突き刺さっており、ボルト固定されている。
抜くといわれているのはこのボルトを外すことなのだろうか。
ポールにはムキムキマークのような棒材が溶接されており、トラロープを引っ掛ける。

撮影日 2019年08月18日
スポンサーサイト



  1. 2019/08/19(月) 23:58:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<359線太郎丸チェーン着脱場の消雪パイプ | ホーム | 筒石駅の駅ノート>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toyamahatsu.blog.fc2.com/tb.php/1914-cfe2923c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)