FC2ブログ

富山発金沢方面ゆき鈍行列車

富山とその周辺で見つけた、乗り物の話を書いていきます。

開田高原の木曽森林鉄道保存車両の変化

170323kisoshinrin.jpg

岐阜県高山から中央本線の木曽福島に向かっていくと、開けた場所がある。
そこが開田高原で、木曽の観光地的なところでもある。
本州では唯一となった在来馬の木曽馬が育てられているところだ。
またコメが育たないと言われていた木曽であるが、ここでは開田に成功している。
ということを記念する資料館が開田高原にある。
木曽町開田高原郷土館という名前で、国道沿いにある。
この郷土資料館の前には木曽森林鉄道で使われていた車両が3両保存されている。
今でこそ保存鉄道だけだが、かつての木曽森林鉄道はすさまじい路線延長を有していた。
JRの駅からかなり遠い開田にも木曽森林鉄道が走っていたのだ。
この車両の周辺が現在整備中である。
車両は10年ほど前に手入れをしなおしたのだが、今回は車両の手入れとは別のようだ。
機関車は元の場所にあるが、客車と貨車それぞれ一両は別の場所に直置きされている。
保存場所を変えるのか、それとも別の工事のジャマなので動かしているかは不明だが、壊すわけではなさそうだ。

撮影日 2017年03月23日
スポンサーサイト



  1. 2017/03/25(土) 23:58:22|
  2. 保存
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タキ52610 | ホーム | 小牧ダムのコンベア跡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://toyamahatsu.blog.fc2.com/tb.php/1349-3d107c1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)