FC2ブログ

富山発金沢方面ゆき鈍行列車

富山とその周辺で見つけた、乗り物の話を書いていきます。

伏木消防の古参車

高岡市伏木消防署は県内でも有数の古参車両が在籍している。
いずれも昭和から平成初期にかけての車で、全国的にも珍しい存在である。


190728fsk00.jpg

こちらは泡原液搬送車。
1980年製のいすゞニューパワーである。
消防車ではどちらかといえば少数派な二軸のSLである。
原液搬送車といえば実質タンク車のパターンが多いが、こちらはポンプを積んでいる。
側面から見ると車両の半分くらいしかタンクのスペースがない。
コンビナート火災に備えた泡原液搬送車だが、もっぱら今は水が積んである。
泡タンクは車庫内にあり、緊急時には水を捨てて泡原液を入れる。
7社あった伏木コンビナートの華やかな時代の置き土産とも言える。
ナンバーは富88そ810。


190728fsk01.jpg

全国的にも珍しい泡放射砲車。
早口言葉的な車で40年前ならいざしらず今でははたらく車の本にも載っていない。
車両上部についている砲で泡を放射する。
リアに6つの接続部があり、普通の水も放射できる。
数年前の倉庫火災でも活躍しており、まだまだ現役の車両だ。
1976年製といわれており、ベース車はマツダタイタンである。
もともと消防車として生まれたわけではなさそうで、車内等は元の色のブルーとなっている。
当時の架装ベース車は一般車両の塗装までした状態で消防の赤に再塗装したということか。
あるいは中古車を消防車両に改造したのか。
ナンバーは富88な2924である。


190728fsk02.jpg

高岡市消防本部の金文字も美しい三菱ジープ。
1989年の車両である。
燃料タンクの横にDの金文字があるがディーゼルということか。
高岡消防はいくつかジープを持っていたが、ほとんどが退役してしまった。
他の古参車両と違い代替車両が存在し、代替理由もあるので数年せず姿を消すだろう。
こちらはまれに走っているところを見ることが出来る。
ナンバーは富山88ま760。

この署には他にもランドクルーザーや150クラウンセダンなど今では珍しくなった車両が他にも在籍している。
最後に快く撮影に応じて頂いた伏木消防署の担当官に感謝申し上げる。

撮影日 2019年07月28日(すべて)
スポンサーサイト



  1. 2019/07/31(水) 23:56:18|
  2. 緊急車両
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

かが伏木港来航

190728kaga.jpg

海上自衛隊最大の護衛艦「かが」が伏木万葉埠頭に来航した。
北陸三県では初公開の金沢、敦賀に続いて三番目となる。
初日は雨にもかかわらず一万二千人が訪れニュースにもなった。
万葉埠頭はかつても様々な大型自衛艦が来航しているが、今回の反響は大きかった。
周囲の道路は混雑し、小矢部川の上に渋滞ができるほどであった。
自衛隊広報もかなり力を入れており、陸自の戦闘車両等を多数取り揃えていた。
ここまで大規模な展示はここ数年で一番である。
かが側は搭載機3機の展示であった。
充実の展示であったが飲み物の販売が無く非常に困った面はあった。
北陸における7月の海自の展示は終わり、次は陸と空のイベントになる。

撮影日 2019年07月28日
  1. 2019/07/29(月) 23:41:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

富地本プレート

190714toymachihon.jpg

富山県内でちょっと規模の大きな自衛隊イベントがあると、だいたい広報と一緒に自衛隊のトラックが来る。
富山の場合、砺波の382施からくるのが多い。
14普とあれば金沢の普通科連隊下である。
今年の車両は表示を変えており、富地本となっている。
ジープなどはこんな表示のがいたが、この表示のトラックはここ数年内では見た記憶が無い。
富地本なので、今の広報車両などと一緒である。
表示変更が行われていると思われる。
来年は塗装もこれに変わっているのだろうか。

撮影日 2019年07月14日
  1. 2019/07/26(金) 23:48:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北鉄奥能登37-713のリアにある反射テープ

190720ms86.jpg

北鉄奥能登バスの37-713は今時見なくなってきた三菱ふそうMS8系である。
いまや北鉄系列ではMS9どころか新型フェイスのMS0までいる中で活躍している。
余命もあとわずかといったところであろう。
北鉄の標準カラーを纏ったこの車のリアバンパーには、分かりにくいが反射テープが貼ってある。
テープの赤色がデザインに同化していてよいのであろう。
よく見るとR104と欧州法規らしい表示がついている。
調べるとどうやら再帰反射板関係の法規のようだ。
舶来のステッカーなのだろうか。

撮影日 2019年07月20日
  1. 2019/07/25(木) 23:55:45|
  2. バスとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワム73249

190721wm73249.jpg

とある空き地に佇む国鉄有蓋貨車ワム70000形。
国鉄末期まで生き残った有蓋貨車の中ではリベットがよく目立つ貨車である。
他のワラ1やワム60000、ワム80000はプレスに溶接なのでリベットが目立つのはワム70000くらいである。
この個体は倉庫に使われていると見られる。
かなり塗装の剥離が進んでいる。
塗りなおしはされていないようだが、剥離が進んでいるせいで、表記類はまったく読み取れない。
例によって番号が分かったのはワム7特長の車枠に記載された番号のおかげである。
一面のみ白色に塗装され、かつては交通安全を訴えていたようだ。
それもかなり剥離が進んでおり、近い将来読み取れなくなりそうだ。

撮影場所 福井県坂井市
撮影日 2019年07月21日
  1. 2019/07/24(水) 23:04:46|
  2. 廃車・廃コン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蛸島駅跡の自販機

190720takojima.jpg

第三セクターのと鉄道旧能登線の終点蛸島駅。
あの日多くのマニアで賑わった駅舎も今は人影もない。
駅は封鎖されて久しく、イベントをやっている気配もない。
ただ、駅前に自販機が残されている。
黒塗りの非常に怪しい自販機で、中には土産物が販売されている。
のと鉄道の廃線区間に関するもので、おそらくは廃止前後に作られたものだろう。
来駅証明書やキーホルダーがラインナップされている。
一昔前の自販機で、懐かしい新千円札は使えませんのステッカーが貼られている。
果たして今でも土産物が買えるのか、訪れる人には気になる存在だろう。
管理者のステッカーがフロントに無いので、お金が返ってこない心配は確かにある。
試しにお金を入れてみたところ、購入することが出来た。
どのように出てくるのかと思ったら小箱に入って出てくるようだ。
よくよく見ると売り切れのランプがついている商品もあり、現役の販売機ということなのだ。
一体誰が管理しているのかは知れないが、使い捨てカメラも売っているので、フィルムの寿命を考えればある程度管理されているはずだ。
なお新500円は使えた。

撮影日 2019年07月20日
  1. 2019/07/22(月) 23:37:16|
  2. 廃線など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丸岡バスターミナル新設中

190720maruoka.jpg

鉄道があった場所がバス代替によりバスターミナルになるというのはよくある。
京福電鉄本丸岡駅もその一つだ。
鉄道としてはJRの丸岡駅があり、京福もそこから発着していた。
実際のところJR(国鉄)の丸岡駅は坂井よりで、実際の丸岡市街地は本丸岡駅のほうが近かった。
というわけで廃止された本丸岡駅の跡地は引き続き京福バスの丸岡バスターミナルとなっていた。
それが今年になって解体され、新しいバスターミナルを作るべく工事が進められている。
役場周辺を大胆に改良するらしく、消防施設等の跡地も活用していくようだ。
写真はバスターミナルのあった場所のはずだがごらんの通り更地になっている。
京福の車庫も一部敷地が失われたので役場の土地を借りている。
工事が終わるのは来年の見込みである。

撮影日 2019年07月21日
  1. 2019/07/21(日) 23:51:55|
  2. バスとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯田港YDT01来航

190720ydt01.jpg

珠洲飯田港に自衛隊のYDT01が来航した。
日本語の名前が無いタイプの船である。
舞鶴水中処分隊に所属している。
海の地雷である機雷を撤去するのは掃海艇の役目だが、この船はダイバーの支援を専業としている。
通常の掃海艇よりも多くのチームのダイバーを乗せることが出来、食堂等人員のための設備が充実している。
このため武器が積まれていない。
今年はこの船が目玉なのか、いろいろなところで展示を行っている。
甲板では家族連れ向けにラッパの吹奏ができたほか、内部では潜水器具の展示があった。
岸壁では1/2トラックのふそうジープが展示されていた。

撮影日 2019年07月20日
  1. 2019/07/20(土) 23:57:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

利用者2000万人記念ステッカー

190714kinen-.jpg

万葉線に利用者2000万人の記念ステッカーが貼られている。
加越能鉄道から今の万葉線になってからの数である。
最近流行っているのか、丸型のステッカーで、アイトラムのフロント横に貼られている。
整備中の車両を除いてこれに貼りかえられた様だ。
以前は鉄道むすめであったが素早く変わってしまった。
万葉線は鉄道むすめ全国スタンプラリーの途中だがそこはいいのだろうか。
丸型ステッカーを定番としたということは、今後もイベント時にこんなステッカーが登場すると予想される。

撮影日 2019年07月14日
  1. 2019/07/19(金) 23:52:52|
  2. 万葉線
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海王岸壁巡視艇はまゆき巡視船のりくら展示

190715hamayukinorikura.jpg

海の日の7月15日、海王丸パークにて海上保安庁の巡視船が展示された。
普段はやひこなど近所のおとなしい船なのだが、今年は異色の組み合わせである。
手前のPC-126はまゆきは今年七尾に投入されたばかりの新鋭艦である。
といっても同型船は20年ほど作られている。
はまゆきは前にもいたが新しい船になった際に名前が変わって別の管区に転出している。
この型の船は第9管区にはこれしかいない。
メイン任務が密航船の追跡ということもあるのか、船内撮影禁止となっていた。
側面パネルの液晶はオリジナルの文字を出していた。
後ろ側はPS-203巡視船のりくら。
伏木にいつもいるおなじみの船だが、任務が工作船等特殊警備であるため、今まで公開されていなかった。
同型の船も日本海側へ多く配備されていることから、その任務が察せられる。
こちらも船内は撮影禁止で、甲板のみの見学となっていた。
20mm機関銃はカバーを外した状態で展示されていた。
これらの船が今後もオープンに展示されることがあるのだろうか。

撮影日 2019年07月15日
  1. 2019/07/17(水) 23:49:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

海王岸壁消防艇やまとミサイル艇はやぶさ来航

190714yamatohayabusa.jpg

海の日の連休にちなんでのイベントで、今年も海王岸壁では船の展示が行われた。
中日の14日は、高岡消防から消防艇のやまとが来航した。
平成7年石原造船所の建造で、総トン数は38トンである。
海王丸のすぐ横に係留された。
時間は短かったが、小型のホースから放水体験をすることが出来た。
海王岸壁では海上自衛隊のミサイル艇PG824はやぶさが展示された。
もう何度もやってきている船であるが、長い行列となっていた。
同所ではもっぱら再来週の伏木に来るかがの宣伝でいっぱいだった。
車両展示は充実しており、トラック、軽装甲機動車、偵察オートバイが展示されていた。

撮影日 2019年07月14日
  1. 2019/07/14(日) 23:50:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

倶利伽羅駅のスピーカ

190713supika.jpg

県境の駅倶利伽羅駅。
以前は少し寂しい感じの駅だったが、最近は切符関係の装置が入ってにぎやかになった。
自販機もあり夜でも明るい。
この中で少しレトロな雰囲気を見せるスピーカがある。
無人駅なのにスピーカーがあるのは接近案内放送を流すためである。
いわゆる一斉放送機器というやつだ。
保全はJR西日本テクシアというところが受け持っているようだ。
ちなみにスピーカーは最大音量になっている。

撮影日 2019年07月13日
  1. 2019/07/13(土) 23:53:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富山駅の乗車位置看板

190707toyamast.jpg

富山駅のホームに設置された乗車位置表示。
基本的に似たような車両しか来ないので、かつての特急往来時代ほどにぎやかではない。
その分細かな表示が増えている。
かつてはローカル列車の表示位置は後年にならないとあまり真面目に整備されていなかったが、今はしっかりついている。
それどころか夕のローカル専用看板が作られている。
それなりに拘っているようだ。
一方色々書いてあるが英語併記はされていない。
JRほど外国人利用者の考慮はしてないようだ。

撮影日 2019年07月07日
  1. 2019/07/12(金) 23:49:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あい鉄のライトつき赤旗

190707led.jpg

入換え作業や分割併合作業に使用される赤旗。
昔は人が振っていた記憶があるが、最近は車両に取り付けているのを見る。
車両に刺してあれば警戒しなければならないことが分かりやすくてよいのだろう。
あいの風とやま鉄道では旗が光る新しいタイプを使っている。
畑かと思いきや、交通整理などに使われるニンジンである。
今時よく見るLEDタイプだが、これを旗としているようだ。
あるいはそういう製品なのかもしれない。
根元のクリップは従来のものである。
鉄道の旗は大昔から赤緑の旗だったがこういうところでも進化というのはあるものである。

撮影日 2019年07月07日
  1. 2019/07/11(木) 23:57:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いかるぎ大橋の工事

190706hashi.jpg

砺波東バイパスの工事現場であるいかるぎ大橋。
平野に路を通すのではなく、ここは山にアプローチする高架橋区間である。
そのため長く工事時間がかかっている。
大型車は一度山側に回り道することになる。
最近ようやく道がつながり、一つのスロープになった。
庄川の橋梁からは山向こうの道に車が入るのが見える。
完成まで後すこしというところだ。

撮影日 2019年07月06日
  1. 2019/07/06(土) 23:59:31|
  2. 道・橋・隧道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0