FC2ブログ

富山発金沢方面ゆき鈍行列車

富山とその周辺で見つけた、乗り物の話を書いていきます。

西金沢駅の利用者駐車場

170129nishikanechusha.jpg

西金沢駅の正面、旧貨物ホーム跡に駐車場がある。
長く新幹線建設用地として確保され、新幹線と新駅舎が開業した後、駐車場となった。
かつての貨物ホームの半分をしっかりつかっている。
半分は月極め駐車場となっている。
もう半分は送迎者用駐車場となっている。
フルなら10台程度は停車できるだろうか。
ラインはひかれていない。
勿論長時間停車はお断りとなっている。

撮影日 2017年01月29日
スポンサーサイト



  1. 2017/01/31(火) 23:00:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新西金沢駅変電所

17012nishikanazawahendensyo.jpg

新西金沢駅の裏に変電所が出来た。
昨年に工事をしていた建物である。
以前、記事にもしているがそのときは骨組みだけであった。(リンク
特に凝ったところもなく、極めてシンプルな建物である。
出入り口のそばが溝なので、緊急時はちょっと大変かもしれない。
北陸鉄道石川線の変電所はこれまで二箇所あったが、三箇所目となる。
一番古い野々市のはどうするのであろうか。

撮影日 2017年01月29日
  1. 2017/01/30(月) 05:19:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西金沢駅のICOCAカレンダー

170129nishikanest.jpg

西金沢駅の窓口にはカレンダーが置かれている。
窓口にカレンダーが置いてある駅と置いてない駅があるが、西金沢は置いているようだ。
図柄はICOCAである。
京都の鉄道博物館だろうか。
内部の品物なのだろうが、流通はしていないのだろうか。
株主優待にもこういうアイテムが欲しいところである。

撮影日 2017年01月29日
  1. 2017/01/29(日) 23:43:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

目黒区向けの北鉄特典

170128hokutetu.jpg

最近北鉄ではいくつかコラボ企画をやっているのだがそのひとつである。
どうやら金沢市と目黒区が交流協定を結んだ記念らしい。
金沢に居ても特に何も意識することがないのだが、そうなったということだ。
北鉄の電車は浅野川線、石川線とも中古である。
元は京王井の頭線の3000系列と東急東横線の7000系列である。
どちらの車両も北鉄以外の事業者にも譲渡されていて、上毛とか弘南とかでも見ることが出来る。
この車両がどちらも東京にいたので、交流イベントのネタとして白羽の矢が立ったらしい。
キャンペーンのひとつは京王東急時代の写真展示である。
これはたまにイベントでやっている奴だろう。
もうひとつが目黒区向けの特典である。
目黒区民が北鉄のフリー切符を購入した場合、ノベルティがもらえるというのだ。
内容はあぶらとり紙とペーパークラフトとクーポンブックである。
マニア向けなのか一般向けなのかよく分からない。
目黒区民である証明を持っていくともらえるらしい。
一日乗車券は車内でも買えるのだが、ポスターでは鶴来、野町、北鉄金沢、内灘でしか買えない事になっている。
逆に金沢市民が東急に乗りに行くとなにか得点はないのだろうか…。
キャンペーンは3月31日までということである。

撮影日 2017年01月28日
  1. 2017/01/28(土) 23:44:46|
  2. 北鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福井駅の途中下車印

fukuigesha.jpg

北陸本線の特徴的な下車印である。
駅名のほかに日付が入っている。
基本的なスタイルは各駅同じだが、駅によって若干のバリエーションがある。
福井駅は比較的基本的なタイプだ。
駅名はゴシック風でやや大きめである。
敦賀駅などは明朝系である。
かつての富山駅などは改札によって下車印に番号が振られていたが、福井駅はそこそこ大きい駅であるにもかかわらず番号はない。
改札自体はひとつしかないからか。
  1. 2017/01/27(金) 21:47:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

倶利伽羅駅のICカード対応

170121kurikaraic.jpg

IRいしかわ鉄道のICカード対応に伴い、倶利伽羅駅にICカード機が設置された。
駅舎も合わせて工事をしたらしい。
ホームから入ってくるところには、ICカード用の大きな端末が置かれている。
となりの切符券売機は前からある奴だ。
券売機の横にあるでかいボックスはICカード用の機械が入っているのだろうか。
以前はなかったものだ。
小さい駅舎なのだが、こういう設備をつけるとなんだか狭くなってしまった。
利用者の少なそうな駅であるし、端末はもっと小型化できないのだろうか。

撮影日 2017年01月21日
  1. 2017/01/26(木) 23:58:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富山県交通安全博物館の車

170122hakubutu2.jpg

富山県の免許センターの横には交通安全博物館がある。
県内では珍しい無料で見学できる博物館である。
いつからあるのか知らないが、除雪の展示が56豪雪をメインにしていたりモノコックバスの写真がごろごろしていたりと最近ではなさそうだ。
2階建てで、下は子供向けの体験コーナーで、上はどちらかというと大人向けである。
ここではいくつか車両が展示されている。
写真は2階のスペースで、ここには2台の車両が居る。
左は朝いち高専号。
名前の通り富山高専で作られた車で、1988年と書いてあるので結構前だ。
始めてここに来たときから置かれているが、なぜ安全に関係のない自作の車が飾ってあるのかはよくわからない。
隣は誰もが大好きな白バイ。
キャプションにはホンダ製としか書いていないが、昭和55年製HONDA CB550Fベースの白バイである。
ちょっと調べたら今ではなかなかいい値段のする旧車になっているようだ。
昭和54年にはモデルが廃止されたらしいが、その後に導入とは在庫だったのだろうか。
今では750cc以上の白バイも居るが当時は550ccを白バイに使っていたのだ。


170122hakubutu1.jpg

一階の展示である。
これはシミュレータで、車に実際に乗った風な感じで操作できるようになっている。
びっくりするほど真っ二つにされた車だ。
これがターセルなのかコルサなのか分からなかったが、側面にトヨタカローラ富山寄贈のステッカーがあるので多分カローラⅡである。
ステアリングはナルディでちょっと豪華なAT車である。
アタマが切れているのは乗りやすくするためなのかキャンバストップ車だったのか。
ミラーはシミュレーション用に改造されている。
どこにでもあった車だが最近は見かけないし、バブル期の車なので解体屋に入ると部品になってしまう。
この頃の車は世界中どこでも売れるという話を聞いた。
あと10年もすれば貴重な保存車となるやもやしれない。

施設だが土日もやっている。
ためしに講習が終わる時間まで居たが、誰も来なかった。
人のいない施設なのでゆっくり見学できる。

撮影日 2017年01月22日(すべて)
  1. 2017/01/25(水) 23:51:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

倶利伽羅駅の折れたスタンプ

170121stamp.jpg

以前、倶利伽羅駅にスタンプが設置されたという記事を書いた。(リンク
倶利伽羅駅は長らく無人駅で、JR時代はスタンプがなかった。
IRになっても無人駅だったが、スタンプが設置された。
倶利伽羅駅は手入れの行き届いた駅で、いろいろと整備がされている。
のだがやはり無人駅である。
スタンプの持ち手が折れた状態で置かれている。
アクリル製なので壊れやすいのだろうが、それにしても設置わずか数年でこの有様という駅はなかなかない。
利用者のモラルというものを考えねばならない。

撮影日 2017年01月21日
  1. 2017/01/24(火) 23:56:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ワム82463

170122wm82463.jpg

とある場所に佇む国鉄有蓋貨車ワム80000。
写真のワム82463は初期量産車両である。
といっても道路が近いので特徴的な屋根のリブが見えないので2次車と区別が付かない。
オレンジに近い状態となったとび色の車体で、おそらく当時のままであろう。
倉庫として使われているようで車体の下も上も物置になっている。
側面扉と妻面の剥がれ具合が同じなところが、側面がアルミドアでないこと古い車両だということを感じさせる。
車検は薄れていてまったく読み取れない。
検査にいたっては全域ではがれているのでまず見ることは不可能だ。
車体番号は塗りなおしたことがあるようで、若干ずれて重なっている。
銘板は外されていて存在しない。
ところで車両の後ろに会社の事業内容が書かれているのだが、国鉄末期から貨車に隠れているのだろうか。

撮影場所 富山県滑川市
撮影日 2017年01月22日
  1. 2017/01/23(月) 20:04:20|
  2. 廃車・廃コン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早月加積駅の井戸掘り

170122hayatsukikadumi.jpg

早月加積駅の富山よりでは工事がおこなわれている。
作業内容は井戸掘りである。
早月加積駅は交換設備を有しており、それぞれの番線に列車が停車する。
冬季間はポイントの凍結を防ぐため、蒸気式の暖房機が分岐器を温めている。
しかしそれでも発生するトラブルのために冬季のみ保安要員が常駐する。
駅員ではないため切符の販売などはないが、普段は無人の駅に明かりが灯る。
今時の地方鉄道では珍しいタイプの保安要員である。
12月の終わりから2月一杯で、ほかに内山や有峰口も対象となっている。
井戸掘りが完了すると地下水を利用したスプリンクラー式の融雪装置に切り替わる。
完成すれば、保安要員の配置は廃止される見込みだという。

撮影日 2017年01月22日
  1. 2017/01/22(日) 21:31:37|
  2. 地鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

G22編成

170121g22.jpg

加賀笠間~美川を走行する521系電車G22編成。
521系2次車で、譲渡されずに北陸本線に残った車両だ。
もともと敦賀の所属だったが今は金沢の所属である。
クハ520-27とクモハ521-27がペアを組む。

撮影日 2017年01月21日
  1. 2017/01/21(土) 21:21:58|
  2. 521
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加賀笠間駅の本棚

170117hondanakasama.jpg

加賀笠間駅の待合所には本棚がある。
今では見かけなくなった懐かしい金属製の本棚である。
雑多な本が詰め込まれている。
下のほうは児童書が多く、子供の利用をうかがわせる。
下段には政治主張の強すぎるろくでもない本も置いてある。
かと思えば漫画が置いてあったりする。
大学が近いからか就職活動の本もあった。
ありがちな小説は少なく、イマイチ傾向がつかめない。

撮影日 2017年01月17日
  1. 2017/01/20(金) 23:51:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あい鉄のきっぷ入れ

aitetukippuire2.jpg

あいの風とやま鉄道は一部駅にみどりの窓口が残っている。
また連絡をしている他社との切符も販売している。
このため、大きな駅にはオリジナルのきっぷ入れがある。
コーポレートカラーのグリーンとブルーをあしらったデザインである。
大きさはJRの普通サイズのきっぷ入れと同じである。
大形の切符を販売することはないからだろう。
きっぷ入れを置いていない駅もある。


  1. 2017/01/19(木) 23:58:30|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加賀笠間駅の封鎖の跡

170117kagakasamadoguchi.jpg

加賀笠間駅はいつのものか知らないが古い木造の駅舎である。
委託駅で昼間には窓口に人が居る。
その窓口の横に、封鎖された何かがある。
ポスターで隠されているが、何か壁をくりぬいた跡があるのだ。
窓口よりも低い。
荷物置きがあるので、内装をリフォームした頃にはまだ使える状態だったのだろう。
ということは荷物取り扱い用の窓口ではないのか。
サイズ的には券売機のような気もするが、昔はなんだったのか。
今の券売機は無人駅用の簡易タイプで、この写真の向かい側にある。

撮影日 2017年01月17日
  1. 2017/01/18(水) 23:02:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

加賀笠間駅のICカード対応機

170117kagakasaic2.jpg

加賀笠間駅にICカード用の機械が設置された。
来春の金沢~大聖寺におけるICカード対応化に伴うものであろう。
この駅は大学が近く、住宅街もあるため利用者は多いに違いない。
写真は駅正面側である。
機械は1セットで、ホーム側と駅舎内に互い違いに設置されている。
ホーム側の機械はやや角度をつけているようだ。
工事中の張り紙はあるがすでに配線は終わっているようだ。


170117kagakasaic1.jpg

駅舎の裏側である。
特急車廃品利用の椅子も現役である。
右利きの人の利用を考えているのか、こちらも通路右側の設置だ。
駅舎にはもともと出札口風に柵があり、それに沿っておかれている。
ホーム側の機械はやはり角度がついている。
まだ使われていないのでカバーがかかっている。

撮影日 2017年01月17日(すべて)
  1. 2017/01/17(火) 23:52:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

敦賀駅の途中下車印

IMGP5007.jpg

北陸の途中下車印は日付のほか、途中下車の文字と駅名が入った大きなタイプだ。
似たタイプのハンコは市販されていて決済の文字とかが担当者の名前と一緒に入ってる。
JR西日本はこのタイプが好きなのか、山陽地区でも形態は異なるが日付と駅名が入っている。
基本的に敦賀~金沢はこのタイプとなっている。
さて、最近敦賀駅で押印したところ、他の地区と同じく駅名のみのタイプであった。
そのときは新しくしたという話であった。
ところが別日に押印すると従来の日付入りタイプになっていた。
駅員曰く、写真の下車印は本当の下車印ではないという話であった。
この話はJR時代の高岡駅などでも言われたことがある。
真の下車印でないと呼ばれるこのハンコは何者なのだろうか。
押してもらえるかは運次第のアイテムなのかもしれない。

  1. 2017/01/16(月) 22:14:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北鉄押野駅の花瓶

170115kabin.jpg

北陸鉄道石川線の無人駅押野駅。
石川線標準の小さな待合室がホーム上にある。
中は他の駅と変わらずベンチが置いてあるだけ。
その隅に小さな棚と花瓶が置いてある。
誰かが何かを飾っていたのかもしれない。
だが今は何も飾られていなかった。
冬だからか、それとも管理する人が居なくなったからか。

撮影日 2017年01月15日
  1. 2017/01/15(日) 23:45:15|
  2. 北鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

521系初期車の運賃表示機

170108e3.jpg

いよいよ敦賀~金沢のワンマン運転が近づいてきた。
521系は導入当初からワンマン装備をもっていた。
運賃表示機や整理券発行機も設置されていた。
結局のところ小浜線に入ったときくらいしか使っていない。
写真は最初期に導入されたE3編成である。
この車両ははじめ、駅ごとに運賃がLED表示されるタイプの表示機を備えていた。
ところがなぜかカラー液晶に取り替えられている。
これもワンマン運転を見込んでのことなのだろうか。
としたら以前のものはほとんど使われることなく取り替えられたということになりなんとももったいない話だ。

撮影日 2017年01月08日
  1. 2017/01/14(土) 23:28:39|
  2. 521
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高岡駅のスタンプ

takaokaststamp.jpg

高岡駅にはスタンプが置かれている。
かつてはJRのスタンプだったが、あい鉄になってからはあい鉄のスタンプが置かれるようになった。
絵柄は瑞龍寺と大伴家持像である。
以前は高岡大仏がメインのスタンプであった。
JR末期に交換された際は瑞龍寺のほか高岡大仏も描かれていたが、今回で完全に消えてしまった。
高岡大仏はもはや名物ではないということなのだろうか。
やはり国宝というのは大きいのか。

  1. 2017/01/13(金) 23:32:09|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今庄駅のワンマン看板準備

170109imajo.jpg

今庄駅のホームにワンマン乗車位置表示の看板が取り付けられた。
現在はプチプチでぐるぐる巻きにされている。
次の改正で昼帯の普通列車がワンマン化されるため、北陸本線金沢~敦賀ではワンマン用看板の取り付けが進んでいる。
その他の設備も順次設置されていくのだろう。
一方改札はICカード化の対称でないため、旧来の自動印字機が頑張っていた。
今庄駅は改築工事中で、窓という窓がふさがれ、駅舎内はかなり狭くなっていた。

撮影日 2017年01月09日
  1. 2017/01/12(木) 23:58:56|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木ノ本駅の待合室本

170109kinomotost.jpg

北陸本線木ノ本駅は橋上駅である。
待合室は駅構内のほか、駅舎の一階にある。
一階のほうは夜間封鎖されるが、座るところは比較的多い。
ここには本が備え置かれている。
ラインナップは小説がほとんどで、児童書もある感じだ。
列車の待ち時間に読むというよりは、時間を潰すためにあるような感じである。
名称は「まちあい文庫」となっている。
珍しいのは貸し出しをしていることで、1人2冊まで借りられて、貸し出し期限はない。

撮影日 2017年01月09日
  1. 2017/01/11(水) 23:59:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福井駅合格祈願掲示

170109fukui.jpg

受験シーズンおなじみの合格祈願の掲示が福井駅に現れた。
改札外にある展示で、受験生を応援するものである。
紙でできた絵馬が用意され、メッセージを張ることが出来るようになっている。
手前の箱は絵馬の裏のシール紙を入れるものである。
神社の名前は北陸新幹線にあやかってか「かがやき神社」だ。
10日にはすべらサンドの配布も。
例年通り機関車の滑り止め砂なのだろうが、EF81は運用を失っているが大丈夫だろうか。
DE10等の砂なのだろうか。

撮影日 2017年01月09日
  1. 2017/01/10(火) 23:27:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まだいるEF58-113

170108ef58.jpg

このごろめっきり機関車の入った話を聞かない北陸ロジティックス。
出物がないのだから仕方ないのだが。
割とアクセスの多いEF58について再び書く。
以前記事にしたのは2年半前なのだが(リンク)、それだけたってもまだEF58-113は東金沢に置かれている。
後ろの14系もずっとこの場所に置かれている。
14系は北陸ロジティクスのHPで販売を告知しているが、EF58はされていない。
ということは別に持ち主がいるということなのだろう。
この車両は3年半前にJR貨物広島工場から持ってきてレストアしていたものだ。
レストアはとっくの昔に終わっているので広島工場に持ち帰ればよさそうだが、何かできない理由でもあるのだろうか。

撮影日 2017年01月09日
  1. 2017/01/09(月) 23:55:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

敦賀駅のネット

170108yukihane.jpg

敦賀駅の線路にネットが張られている。
緑色のネットで、白い重石とともに主にアウトカーブ側に設置されている。
おそらく冬季間のバラストはねを防止するためだろう。
鉄道車両が雪の中や寒いところを走ると外に雪や氷が固まる。
これが走行中に外れると、運動エネルギーを伴って路盤に激突する。
レールと枕木の押さえであるバラストと呼ばれる砂利が撥ね、車体を傷つけたり窓ガラスが割れたりしてしまう。
これを防止するためにネットが張られている。
敦賀駅の構内ではそこまでスピードは出ないが通過列車があり、かつカーブなのでこういう処置を取ったのだろう。

撮影日 2017年01月08日
  1. 2017/01/08(日) 23:21:38|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新快速の座席カバー

170104shinkai223.jpg

新快速に充当される223系には、座席カバーが着いている。
人間の頭がかかるところだけ、白いカバーが取り付けられている。
このカバーを誰も居ないときに眺めてみた。
写真を見ると、左のほうが若干汚いことが分かる。
海側山側の問題かと思ったが、反対側も窓側のほうが黄ばんで見える。
旅客は窓側を好むので、こちらだけがやたら汚れるのだろうか。
取り外せるので、たまに交換しているはずである。
ということは、たまたま通路側だけ更新したのだろうか。
一番奥の席は両方とも黄ばんでいるが、ドアが近いので日光のせいのような気もする。

撮影日 2017年01月04日
  1. 2017/01/07(土) 22:14:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あい鉄413の補修

170104boroitc412.jpg

全編成が北陸で活躍していた国鉄近郊型電車413系。
北陸本線第三セクター化において、一部編成は七尾線用としてJRに残留し、のこりはあいの風とやま鉄道に譲渡された。
521系が新カラーに変更されるのに対し、イベント列車を除いて413系は元の塗装を保っている。
写真は旧C02編成のクハ412-2の側面である。
数少なくなった新北陸色を纏った車両である。
ただ、その塗装の状態はよくない。
ステッカーは大きく剥離し、テープで抑えているようだ。
側面は変色し、さび止めも見えている。
475系の末期も整備状態は悪かったが、ここまでの車両はなかなかなかった。
これから先どうなっていくのだろうか。

撮影日 2017年01月04日
  1. 2017/01/06(金) 23:46:11|
  2. 475/413/415
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BOOKS KIOSKの急行きたぐにブックカバー

170102kitaguni.jpg

北陸にあったキオスクは壊滅し、セブンイレブンになった。
本当はキオスクなのかもしれないが店自体はセブンイレブンである。
関西に近づくとセブンイレブンの名前のキオスクというかキオスクのセブンイレブンみたいなのがある。
その派生みたいなのにブックスキオスクというのがあって、駅の中に本屋があるような店である。
ここは定期的にキャンペーンをやっていて、ブックカバーが鉄道の柄である。
以前はトワイライトエクスプレスなどをやっていたが、今回は北陸になじみの深い急行きたぐにである。
最末期の塗装で、2種類あるという。
文庫本を買うと付いてくるらしいが、なにぶん北陸から買いに行くと新大阪駅などになりやたらと遠い。
発売は1月9日からで、18きっぷがつかえる最後の休日(祝日)である。

撮影日 2017年01月02日
  1. 2017/01/05(木) 23:31:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高岡駅の乗車札再利用

170104takaokafuda.jpg

北陸地区によく見られる乗車位置札。
といっても、金沢以東は特急が来ないのですでになくなってしまった。
取り外された後は関西の鉄道イベントなどで売っているそうだ。
高岡駅では特急が来なくなったあともワイヤーがそのまま残されている。
そしてあいの風ライナーのための案内板として再利用されている。
なにかわからないが、緑色の板を使っているようだ。
高岡駅の緑色の板はサンダーバード、はくたか、トワイライトエクスプレス、北越だったが、後者二つは人気が高いため売りに出されたであろう。
ということはサンダバかはくたかの再利用なのだろう。
左のは若干楕円が見えるので、サンダーバードのものであったと想定される。
この再利用板は構内に数箇所設置されている。

撮影日 2017年01月04日
  1. 2017/01/04(水) 23:50:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キハ25の消えた電話マーク

170102keitai.jpg

JR東海キハ25はロングシート車にもかかわらずいまや猪谷にまで進出してきている。
というか基本的にこいつしかこなくなってしまった。
この車両は新しい車両で、最近の車らしく優先座席付近のつり手をオレンジ色にしてわかりやすくしている。
このつり革だが、どれもこれもオレンジ色のシールが巻いてある。
うっすらと、丸い跡が見える。
かつて撮影した写真を確認すると、どうやら携帯電話のマークがあったようだ。
以前は優先座席付近では携帯電話の電源を切るように求められていたので、それを示すステッカーだったのだろう。
どうせ車内の通話は今もダメであるし、別に残っていてもいいような気はするが、クレームでもきたのだろうか。

撮影日 2017年01月02日
  1. 2017/01/03(火) 22:34:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あい鉄小杉駅2番ホーム看板

170102kosugi.jpg

あいの風とやま鉄道の小杉駅。
小杉駅は国鉄時代からJR末期まで、特急や貨物列車の退避があった。
このため2番ホームが上下線の待避線として使用されていた。
特急がなくなったあい鉄時代においても、2番ホームの機能は残されたままであった。
だがあい鉄化して2年もしないうちに、2番ホームの看板は隠されてしまった。
現状2番ホームを定期的に使用する列車はないからであろう。
JR時代は災害時に鈍行を臨時で2番ホームに入れる処置を行ったこともあったが、今はそういう指令をしないのだろうか。
列車本数の削減で小杉駅以外の中線もこうなる可能性は高い。

撮影日 2017年01月02日
  1. 2017/01/02(月) 23:26:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ