FC2ブログ

富山発金沢方面ゆき鈍行列車

富山とその周辺で見つけた、乗り物の話を書いていきます。

小松基地航空祭2019

190916blue.jpg

石川県の航空自衛隊小松基地にて恒例の航空祭が行われた。
今年の目玉は陸海の乗り物と米空軍のF-16であった。
米軍からF-16戦闘機2機は上空での飛行展示の後展示された。
このごろの自衛隊イベントではなんとなく陸海空の連携を示すかのような感じが多い気がする。
陸上自衛隊からはヘリコプター2機が展示されたほか、74式戦車他の陸上戦闘装備の展示がなされた。
海上自衛隊からもSH-60K他の航空機がやってきていた。
F-4EJなど一部の航空展示では着陸せずそのまま基地に戻っていった。
〆も例年通りブルーインパルスで、予定通り14時には航空展示が終了した。
例年ある給水車両等の展示は無かった。
というのも千葉で起きた災害のため入間基地に派遣されているためである。

撮影日 2019年09月16日
スポンサーサイト



  1. 2019/09/19(木) 23:50:15|
  2. 航空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松空港の郷土図書

190130komatsuap.jpg

小松空港の外れにほっとプラザ北陸という施設がある。
北陸といいつつ福井と石川しか展示していない。
この中に郷土図書コーナーがある。
北國新聞などが出版した、主に石川に関わる書籍が集められている。
たいてい図書館にあるものだが、飛行機の待ち時間に読める。
個人で買うにはちょっと高い大型出版物も置かれている。
状態はあまりよくない。
空港の設備としては少し珍しいのではないだろうか。

撮影日 2019年01月30日
  1. 2019/01/30(水) 23:57:41|
  2. 航空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松基地の保存機

180917hozonki.jpg

航空自衛隊小松基地には保存機の展示スペースがある。
外からも見えなくはないが物理的に見えるだけで写真などを撮れるような場所ではない。
基本的に一般人は基地祭のときにしか見ることが出来ない。
保存機は以下の通りである。

F-86F セイバー(旭光) 52-7408
F-86D セイバー(月光) 14-8217
F-104J スターファイター(栄光) 46-8646
T-34A メンター 61-0402
T-33A シューティングスター(若鷹) 81-5379

いずれも野ざらしなので塗装の状態はあまりよくない。
ジェットエンジンの排気口はカバーでふさがれている。
F-104Jの翼カバーは一つちょっとずれていた。
F-86、T-34は県内ではここのみの保存である。

撮影日 2018年09月17日
  1. 2018/09/18(火) 21:50:44|
  2. 航空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松基地航空祭2018

180917komatu1.jpg

航空自衛隊小松航空基地で、年に一度の航空祭が開催された。
周辺域で圧倒的集客力を誇るイベントで、来場者数は10万に届くとも言われる。
朝7時代のオープニングから、一般旅客の時間を取りつつおおむね時間通りに進行した。
朝は比較的天気が良かったが、アグレッサーが終わった後は段々曇り、ブルーインパルスの頃は曇り空となっていた。
人が一番多かったのはやはりブルーインパルスのときで、会場内は人ごみで溢れていた。


180917komatu3.jpg

例年通りエプロンに並んだ展示機たち。
写真は記念塗装のF-4EJとRF-4E、T-400。
こちらは花自動車のコースにもなっていた。
展示飛行では岐阜からF-4EJが、三沢からF-2が来ていた。
こちらは離陸も会場内から撮影することが出来た。
今年から脚立、踏み台が禁止になったので、人は一箇所に固まりにくい傾向だった。
ただ相変わらず場所取りの椅子やらシートはそのままであった。


180917komatu2.jpg

会場付近の公園、工場の駐車場は、基地祭用の駐車場となり、ピストン輸送用のバスが用意された。
おなじみ北陸鉄道のバスで、東部西部南部野々市と加賀温泉から車がかき集められて来ていた。
以前よく見た古い車がほとんどなくなり、似たような車ばかりになっていたのが印象的であった。
小松駅方面のバスはひどく混雑していたが、串方面の車などは比較的すいていたようだ。
この勢いだと、来年はさらに混雑しそうである。

撮影日 2018年09月17日(すべて)
  1. 2018/09/17(月) 20:31:15|
  2. 航空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小松空港の記念メダル

171031komatuairp.jpg

かつては色々な観光地にあった記念メダル。
金や銀のメダルを何百円かで購入し、隣の刻印機で日付や名前を入れる。
あの懐かしいブラウン管の中に文字を入れれば自分だけのメダルである。
最近は見かけなくなった気もするが更新されている場合もある。
小松空港にはいまだにこの記念メダルの装置がある。
絵柄は一種類で小松空港をバックに4発の大型旅客機が飛んでいるもの。
色はシルバーとゴールドである。
金のネックレスかキーホルダーを選べる。
このあたりでは余り見かけない記念品である。

撮影日 2017年10月31日
  1. 2017/10/31(火) 23:59:02|
  2. 航空
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ