FC2ブログ

富山発金沢方面ゆき鈍行列車

富山とその周辺で見つけた、乗り物の話を書いていきます。

更新休止のお知らせ

いつも弊ブログをご覧いただきありがとうございます。
個人的なことではありますが、コロナ禍の影響による経済状況の変化により、長く住み親しんだ北陸を離れることとなりました。
戻る日があれば、国鉄型の全廃や民鉄への新型車導入、そして北陸新幹線の延伸と平行在来線の第三セクター化が行われた後であろうと思います。
それらを見届けられないのは残念ですが、適当な時期に時々見に行きたいと思っています。
なお、何か書くことがあれば不定期に更新の予定です。
今までありがとうございました。
スポンサーサイト



  1. 2020/10/31(土) 22:39:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

乗車位置看板の風化

itarekka.jpg

一時期イベントで大量に売られていた乗車位置看板。
当時は金沢駅を除く北陸本線の駅に大量に設置されていた。
そのため出物も多く、特急名称改変などで多く部品市場に出ていた。
それも今となっては昔のことで、この看板を使う駅も少なくなった。
最近ではこの看板のために部品市に並ぶなどという話も聞き、時代の流れを感じてしまう。
看板は2パターンあり、写真のようなスプレーで吹いたタイプのものは、経年で塗料が劣化する。
粉状になった塗料は吹けば飛ぶし傷をつければ筋がつく。
100円程度ならいいものの、数千円で買ったものがこれでは泣いてしまうのではないか。
上からクリアーでも吹くか、そうでなければケースに入れておくしかないようである。

  1. 2020/08/30(日) 20:58:53|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

忍者ハットリくん列車ティッシュ

kihahattori.jpg

SL運行以来、しばらくイベントのなかった氷見線城端線に忍者ハットリくん列車が登場したのは平成16年のことである。
当初は3編成での運行で、それぞれに異なるカラーであった。
3両連結でのイベントが行われるなど、当時は活気のあるイベントが展開されていた。
その際に広報用に使用されていたのが写真のティッシュである。
かなりいろんなイベントで配布されていた記憶がある。
今は後になって象日されたひと編成のみが残るだけとなり、大分寂しくなっている。
観光列車に主役が移ってしまったのであろう。
  1. 2020/07/31(金) 22:12:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いすゞエルガカタログと富山駅

erga.jpg

いすゞ自動車の販売する大型路線バスエルガ。
日野自動車のブルーリボン(先代はブルーリボンⅡ)との統合商品である。
先代はキュービックからモデルチェンジして以来2000年から2015年まで長きに渡って生産された。
今でも一番よく見かけるバスといえる。
この先代エルガのポスト新長期排ガス規制車のカタログに、富山駅前が登場する。
最近のカタログはほとんどが合成で、いすゞのカタログも当時からそうである。
特にいすゞのカタログは合成が他社より若干適当な所がある。
場所は富山県民にはおなじみの富山駅北である。
まだ南北直通が果たされる前の、富山駅北電停があり、ポートラムだった時代である。
富山駅に乗り入れる路線バスといえば、富山地鉄バスである。
地鉄は西工、日野、富士重、ふそうとボデーを揃えていたが、いすゞはあまり積極的ではなかった。
いすゞの路線バスにはまったく似つかわしくない場所であるが、背景が未来的で選ばれたのだろうか。
ちなみにこの写真の右奥にわずかながら逆都営カラーの地鉄バスが写りこんでいる。
間違いなくいすゞの車ではないがカタログ的にはオッケーなのだろうか。

  1. 2020/06/30(火) 23:58:55|
  2. バスとか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログ更新休止延期について

いつも弊社ブログをご覧いただきありがとうございます。

4月初旬から更新を休止してきましたが、緊急事態宣言は解除されたものの、いまだ責任ある行動を求められている状況です。
よって継続し更新を休止いたします。
よろしくお願いします。
  1. 2020/05/31(日) 23:39:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ