富山発金沢方面ゆき鈍行列車

富山とその周辺で見つけた、乗り物の話を書いていきます。

新動橋駅の遺構

170923ekiato1.jpg

新動橋駅は北陸鉄道山代線の駅で、動橋駅のまん前にあった。
動橋駅前信号から動橋駅にアプローチする今のメインストリートはかつてのレール跡である。
廃止時期が昭和50年代以前であるため、遺構はあまり残っていない。
しかし駅前にはわずかながらに遺構が残っている。
写真は動橋駅前すぐの場所である。
良く見るとはがれたアスファルトから道路とは異なる方向にコンクリートが残っているのが分かる。
方向からして駅中央部に近いところの基礎と思われる。
構造物が消えて場所の特定が難しいが、かつての駅舎が今の保線用の入り口と隣接していたことを考えると、露出した基礎は駅舎の中央と見ていいだろう。
かつての駅舎は今の道路と同じ方向に駅前の斜めで設置されており、頭端式であった。
駅舎の向かって右側端は、今電柱が立っている位置だったと思われる。
その位置関係からして、現在の公衆電話と新動橋駅前に存在した電話ボックスはほとんど同じ位置にあると推測される。


170923ekiato2.jpg

もうひとつ遺構らしきものがJRの敷地内に眠っている。
動橋駅の国鉄貨物時代の側線にあった車止めとは異なる形状のコンクリート製車止めと思われる塊である。
コンクリートの塊にボルトが打ち込まれているが、かつては枕木などがバッファとして取り付けられていたと推測される。
方向からして新動橋駅の車止めとして使われていたと推測されるが、資料が今手元になく、またネット上でも車止めを撮影した写真がないため断定は出来ない。
あるいは国鉄の何かで使われたものがこの妙な場所に放置されたのかもしれない。
もし車止めだったとしても、かなり低い場所にあったように見える。
ボルトに六角と四角が併用されているのも珍しい。
基本的に近くにあった構造物は解体されているが、これだけ国鉄の敷地にあったので残されたのであろう。
写真右に木造の電柱が写り込んでいる。
車止めとの整合性が取れないが、電柱の移設で説明できると考えられる。
曲がりが同形状の木造電柱が駅前にあったと古写真で確認できるが、駅前の位置はJR敷地で不変であるため、駅舎の消滅とともに電柱が移設されたと推測される。
あるいは昭和40年代末であったが、何らかの事情で木製電柱を追加したのであろう。

撮影日 2017年09月23日(すべて)
スポンサーサイト
  1. 2017/09/23(土) 23:53:10|
  2. 廃線など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

壁に刺された犬釘

170917mizuinukugi.jpg

福井鉄道水落駅の近くに小さな跨道橋がある。
ここには橋台が二つあり、鯖浦線と福武線が独立して乗換駅を持っていた時代の水落駅の遺構である。
そんな時代からある跨道橋をくぐる道だが、広い構内を有した水落駅の端っこでもあった。
この道は高低差の激しいこの周辺を切りとおしとなっている。
擁壁は古く、福井鉄道、旧国道8号線とも石造りである。
コンクリートの橋と石造りのよう壁と言う組みあわせは、昭和の特徴的なつくりだ。
この場所の石造りの擁壁になぜか犬釘が刺さっている。
写真のような色具合だとなんだか間違い探しのようだが、確かに数本刺さっている。
これは旧国道の壁だが、こちらにも刺さっている。
かつて水落駅の側線があった場所側だけでなく、反対の武生側にもさしてあるのだ。
これを踏んで上に上がって行けということなのだろうか。
中にはこの役目から脱落して地面におちているものもあった。
妙な犬釘である。

撮影日 2017年09月17日
  1. 2017/09/22(金) 22:19:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江端駅のコンクリート製の遺構

170917ebatasthome.jpg

福井鉄道江端駅にはパークアンドライド用の駐車場がある。
駐車場なのだが場所は非常に狭く、電柱を縫うようにして入るしかない。
3ナンバーのギリギリサイズの車は入れないだろう。
元々は駅舎などの鉄道施設があった空き地を駐車場に転用している。
この駅には2006、7年ごろまで開業時のものと思われる変電所が立っていた。
いかにも戦前の雰囲気を残す古めかしい建物だったが、武生側に新しい施設が出来て解体された。
その横にその名残を残すコンクリート壁が残っている。
1940年代の航空写真を見ると変電所の横にまでホームがあり、写真の遺構はホームらしくもあるが、今のホームと場所が異なる。
かつてのホームが撤去されたのを機に、変電所横の柵のために作られたのだろうか。
今のホームは低床化されてはるものの石造りで古く、移動したとは考えにくい。
遺構は大粒の砂利が混じっており、かなり古いものと思われるが、削り取られたかのようにこれだけが残っている。
かつての変電所は今の地面より高い場所に盛られていたので、その盛り土のカバーだったのか。
あるいはホームだったのを潰して、今の位置にホームを移した際に残されたのか。

撮影日 2017年09月17日
  1. 2017/09/20(水) 23:57:23|
  2. 福鉄・えち鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水落駅の古レール上屋

170917ochimizu1.jpg

福井鉄道福武線にある水落駅。
かつては鯖浦線との連絡駅でもあった。
今は鯖浦線はなく、駅舎は消え、広い構内は駐車場になった。
その中で残る上屋は古レールを使用している。
上屋はごく標準的な構造で、ほとんどが古レールで作られている。
塗装は場所によって肌色であったりグレーであったりするが、剥げて久しいのであまり手入れはされていないようだ。
中央には待合室が取り付けられている。
こちらも丸い鏡やむき出しのベニヤなど時代を感じさせるつくりである。


170917ochimizu2.jpg

上屋で特筆されることは、レールのほぼすべてに刻印が確認できることだ。
普通、刻印は塗装で隠れていたり、あるいは現役時のさびなどで判別不能なことが多い。
しかしここでは写真のようにG.H.H 1922の文字が鮮明に読み取れる。
ほとんどすべてのレールはG.H.Hの1921年か1922年のものである。
この周辺ではあまり見ないドイツ製のレールである。
旧鯖浦線の鯖浦電鉄は1926年、旧福武線の福武電鉄はその翌年に開業しており、その時代のレールと思われるが、若干年数に開きがあるのは気になるところだ。
なおほとんどがG.H.H製だが、ひとつだけこれまた北陸ではあまり見ないS&M製のレールも使用されている。
こちらは1924年の製造である。
開業時に海外レールしか使わなかったのかと思いきや、他の柵では丸Sマークもあるため、たまたまG.H.Hを集めてつかったようだ。

撮影日 2017年09月17日
  1. 2017/09/17(日) 22:28:20|
  2. 福鉄・えち鉄
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鯖江駅の乗車位置表示

170908sabaesiru.jpg

北陸の駅も近代化が進み、ほぼすべての駅に乗車位置表示がセットされた。
色は乗り入れる列車によって各駅異なるが、大体白か青色というところである。
鯖江駅では、鯖江駅オリジナルの乗車位置表示が導入されている。
アライグマかと思っていたがレッサーパンダらしい。
駅のポスターに名前が貼ってあり、メガメガというらしい。
レッサー関係ない。
近くの西山動物園のレッサーパンダをキャラクターとしたようだ。
乗車位置表示にご当地キャラクターを組み込んでいけば、なかなか面白い観光宣伝になりそうである。

撮影日 2017年09月08日
  1. 2017/09/13(水) 23:05:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ